言語

1. 音声・音韻 - Phonology

1.1 母音の発音 - Vowels

1.1.A 短母音 - Short vowels

a [a] / e [ɛ] / i [i] / u [y] / (o [o])

※短母音 o は特定の語にのみ現れる。
The vowel o appears only in certain words.


1.1.B 長母音 - Long vowels

aa [ɑː] / ee [eː] / ii [ʲiː] / uu [uː]


1.1.C 二重母音 - Diphthongs

ai / ei / ui / oi / ia / ie / iu / io


1.1.D 鼻母音 - Nasal vowels

an [ã] / en [ɛ̃] / in [ĩ] / on [õ] / ian [ʲã] / ien [ʲẽ] / iun [ʲɯ̃] / ion [ʲõ]

※鼻母音の後に他の母音が続く場合、 n は子音として発音される。
In case a nasal vowel is followed by another vowel, n is pronounced as a consonant.

1.2 子音の発音 - Consonants

1.2.A 破裂音 - Plosive

t [tʰ]
タ行音 - as in take
d [d]
ダ行音 - as in dog
c [k]
カ行音(キャ行音)- as in cat

1.2.B 鼻音 - Nasal

m [m]
マ行音 - as in meat
n [n]
ナ行音 - as in neck
gn [ɲ]
ニャ行音 - like Spanish Ñ or Italian Gn as in España and Bologna

1.2.C ふるえ音 - Trill

r [ʀ]
喉ひこを震わせるラ行音 - like French R as in rendez-vous

1.2.D 摩擦音 - Fricative

f [ɸ]
日本語のファ行音 - Bilabial fricative like puffing sound
v [β]
「ワ」に近いヴァ行音 - voiced f[ɸ] or sometimes like W as in water
s [s]
サ行音 - as in sail
z [z]
ザ行音 - as in zoo
ch [ɕ]
「ヒャ」に近いシャ行音 - as in shark or like German CH as in Ich

1.2.E 側面接近音 - Lateral approximant

l [l]
英語のLのラ行音 - as in love

1.2.F 補足

※子音 d, gn, v, z は、それぞれ t, c, f, s の異音である。
The consonants d, gn, v, z are the allophones of the consonants t, c, f, s respectively.

※子音 ch は子音 c の異音である。子音 c の後に母音 ei が連続した場合 ch に変化する。
The consonant ch is an allophone of the consonant c. The consonant c changes to ch when it is followed vowels e or i.

ca [ka] / che [çe] / chi [çi] / co [ko] / cu [ky]

1.3 子音の有声化 - Voicing

1.3.A 有声化のペア - Voicing pairs

無声子音はいくつかのルール下において有声化する。下記の対になった子音は、それぞれ同じ子音の異音とみなされる。
Unvoiced consonants get voiced under some rules. Each of the following consonant pairs is considered as the allophone of one single consonant.

有声化のペア(pair): t - d / c - gn / f - v / s - z


1.3.B 有声化のルール - Voicing rules

① 短母音と母音に挟まれた無声子音は有声化する。
I. An unvoiced consonant between a short vowel and a vowel becomes voiced.

le + taa > ledaa
ne + sen > nezen

※長母音や二重母音の後では変化しない。
Long vowels and diphthongs don't make the change.

lia + fen > liafen
nii + sin > niisin

che chi は有声化しない。
che and chi never get voiced.

se + caafi > segnaafi
li + cheefi > licheefi


② 子音 f と 母音の組み合わせが2連続した場合、後ろの fv になる。
II. When a syllable made up of f + vowel is followed by another f + vowel, latter f gets voiced.

faa + fi > faavi

※ ただし変化①が優先される。
However the change I precedes this.

ta + faa + fi > tavaafi


③ 有声化は1語中で一度のみ起こり、より後ろの変化①が優先される。
III. Voicing happens only once in a word, and the latter change I precedes all.

se + ta + faa + fi > setavaafi (≠ *sedavaafi, *sedafaavi)


④ 複合語に複合語が続く場合や、意味的なつながりが弱い場合、有声化は起こらない。
IV. Voicing does not happen between two compounds or in case the words' semantic connection is not strong.


⑤ 外来の借用語にはいずれも適用されない。
V. Any of them are not applied to foreign loanwords.

1.4 アクセント - Stressed syllables

1.4.A アクセントの位置 - Position

原則として1語につき1箇所の強勢(アクセント)がある。強勢のある音節は強く、高く発音される。強勢は①長母音②鼻母音③二重母音の順で優先的に置かれる。同種の母音が2つある場合にはより前方のものが強勢を持つ。
In principle, a word has one accent. Stressed syllables are pronounced loudly and highly in pitch. The stress falls preferentially in order of 1.a long vowel, 2.a nasal vowel, 3.a diphthong. In case there are two vowels of the same kind, the former one gets stressed.

lianii / chensen / niitii / laziun / nezen / liafenlelin

※短母音のみで構成された単語は、一番後ろの音節に強勢が置かれる。
When the word consists of only short vowels, the last syllable gets stressed.

tide / Tanize


1.4.B アクセントの例外 - Exception

格語尾のほか、形容詞や副詞を表す語尾(-is, -u など)には強勢が置かれない。
Case endings or other grammatical endings (-is, -u etc.) cannot be stressed.

cagnamini / suzeis


1.4.C アクセントの高低 - Tones

アクセントのある長母音は下降調のトーン(ピッチ)で、二重母音と二重鼻母音(ian, ien, iun, ion)は上昇調のトーン(ピッチ)でそれぞれ発音される。
When stressed, diphthongs and double nasal vowels (ian, ien, iun, ion) are pronounced with a rising tone (pitch) while long vowels are pronounced with a falling tone.

2. 文法 (形態) - Morphology

2.1 名詞 - Nouns

2.1.A 名詞の格 - Cases

名詞には6つの文法的な格語尾がある。単語が「母音語幹」か「-n語幹」かで語尾の形が異なるものもある。それぞれの例を下記に示す。
Nouns have 6 grammatical cases. Some endings will be different depending on whether the word root ends in vowels or in -n. Each example is shown below.


① 主格 - Nominative

liafee 「鳥は」 "a bird (Subject)"
min 「言葉が」 "words (Subject)"

文の主語(~が)や、呼びかけ(~よ)などに用いる。
Used as a subject of a sentence or for calling (vocative).


② 属格 - Genitive (Possessive)

liafeem 「鳥の」 "of a bird"
minmi 「言葉の」 "of words"

所有や所属、具体的な性質など(~の)を示す。
Indicates possession, belonging or propaties.


③ 対格 - Accusative (Objective)

liafeein 「鳥を・に」 "(to/for) a bird (Object)"
minni 「言葉を・に」 "(to/for) words (Object)"

動作の目的語(~を/~に)になるほか、動作の方向(~へ/~まで)を表す。
Used as a object (direct/indirect) of a sentence and as the direction of motion.

i で終わる名詞の場合、語尾は -en となる。The ending becomes -en in case the noun ends in i.
lianii > lianiien


④ 奪格 - Ablative

liafeema 「鳥から」 "from a bird"
minma 「言葉によって」 "by words"

動作の起点(~から)を表すほか、道具や受動態の動作主(~によって)を示す。
Indicates an origin of an action, an instrument or an agent of the passive.


⑤ 処格 - Locative

liafeefam 「鳥のところで」 "at a bird"
minfam 「言葉において」 "in words"

動作の行われる場所(~で)や、無人称文で意味上の主語(~は)を表す。
Indicates a location of an action, or a subject of the impersonal sentence.

※主格が -fan, -fen, -fin, -fon, (-van, -ven, -vin, -von) に終わる名詞の場合、処格は -um となる。
When nouns end in -fan, -fen, -fin, -fon or -van, -ven, -vin, -von, add -um to make it locative.
savan "house" > savanum "at the house"
liafen "sky" > liafenum "in the sky"


⑥ 様格 - Essive

liafeenai 「鳥のように」 "like a bird"
minnai 「言葉として」 "as words"

主語が何らかの状態にあることや、何かに似ていることを説明する。
Used to explain the subject is in certain state or similar to something.


2.1.B 人称代名詞 - Personal pronouns

人称代名詞には4種類あり、それぞれ格変化する。主格形は用いられない。
There are 4 personal pronouns and they are inflective. The nominative form is not used.

Nom(主)/ Gen(属)/ Obj(目)/ Abl(奪)/ Loc(処)/ Ess(様)

1人称 - 1st person
「私(たち)」 "I / we"
*ai(N) / aimi(G) / aini(O) / aima(A) / aifam(L) / ainai(E)
2人称 - 2nd person
「あなた(たち)」 "you"
*ei(N) / eimi(G) / eini(O) / eima(A) / eifam(L) / einai(E)
生物3人称 - 3nd person animate
「彼(ら)」 "he / she / they"
*ui(N) / uimi(G) / uini(O) / uima(A) / uifam(L) / uinai(E)
無生物3人称 - 3nd person inanimate
「それ(ら)」 "it / they"
*oi(N) / oimi(G) / oini(O) / oima(A) / oifam(L) / oinai(E)

2.1.C 所有代名詞 - Possessive pronouns

人称代名詞の接続形は、名詞の後について所有を表す。それぞれ格変化をする。
Conjunctive personal pronouns are connected to the noun and indicate possession. Each of them inflects.

chensen'ai
「私の友達」"my friend"
chensen'aimi
「私の友達の」"of my friend"
savan'ei
「あなたの家」"your house"
savan'eifam
「あなたの家で」"at your house"
naa'ui
「彼の目」"his eyes"
nanfon'oi
「それの写真」"its picture"

2.1.D その他の代名詞 - Other pronouns

主に代名詞を作る形態素として、人称と話者からの距離に関わるものがある。これらを用いて様々な代名詞が生産的に作られる。
Mainly for making pronouns, there are some morphemes which are related to the distance from the speaker or the grammatical persons. By using them, many different pronouns can be created productively.

a / ai 「一人称、話し手のまわり」 "1st person or around the speaker"
e / ei 「二人称、聞き手のまわり」 "2nd person or around the listener"
u / ui 「三人称、離れた場所」 "3rd person or a distant place"

asin 「今」"now" (this time)
ufan 「あそこ」 "over there" (that place)
etc...

2.2 動詞 - Verbs

2.2.A 動詞の態 - Verbal voices

動詞の不定形(原形)は語幹に ­fi が付いた形になっている。それぞれが能動形(A)、受動形(P)、使役形(C)を持つ。
The infinitive ends in -fi. Verbs have their active form (A), passive form (P) and causative form (C) respectively.

能動 (A) maafi 「食べる」"to eat" (maa "mouth")
受動 (P) manfi 「食べられる」"to be eaten" (man "food")
使役 (C) mianfi 「食べさせる」"to feed"(to make someone eat)

能動 (A) liifi 「知る」"to know" (lii "brain")
受動 (P) linfi 「知られる」"to be known" (lin "knowledge")
使役 (C) liunfi 「知らせる」"to inform"(liun "news")

※能動は長母音、受動は鼻母音、使役は二重鼻母音で示される。
Long vowels indicate the active, nasal - the passive and nasal diphthong - the causative.


2.2.B 人称語尾 - Personal suffixes

述語動詞には人称語尾が付く。単数と複数の区別はない。
A predicative verb is accompanied by a personal suffix. There is no distinction between the singular and the plural.

naafia.
「私は見る」"I see."
naafie.
「あなたは見る」"You see."
naafiu.
「彼は見る」"He/She sees."
naafio.
「それは見る」"It sees."

※名詞が主語の場合は不定形になる。
When a noun is the subject, the verb gets infinitive form.

Nezen laafi.
「猫が聞く」 "A cat hears."

Nelia manfi.
「雀が食べられる」 "A sparrow is eaten."


2.2.C 不定形 - Infinitive

不定形 -fi は「~すること」という動名詞としても用いられ、対格の語尾 -en を付加して他の動詞の目的語になり得る。
The infinitive form can be used as a noun "to do" (gerund) and be an object of another (auxiliary) verb with accusative ending -en added.

Nedaain maafien chiifia.
「ネズミを食べたい」"I want to eat a mouse."

※ 不定詞の主語(動作主)は属格形でその前に置かれる。
The subject of the infinitive will be put just before the inf. in the genitive form.

Nedaain uimi maafien fiunvia.
彼にネズミを食べさせる(=彼が食べるようにする)」
"I make him eat (his eating) a mouse."


2.2.D 助動詞 - Auxiliary verbs

anliifi
「(能力的に)~できる」"can"
chenfi
「(状況的に)~できる、~してよい」"may"
chiifi
「~したい」"want to"
tachinfi
「~しなければならない」"must, have to"
nidaafi
「~しようとする」"try to"
cadeefi
「~される」"to get done (passive)"
fiunvi
「(強制的に)~させる」"make someone do (causative)"
tienfi
「(許可)~させる」"let someone do (causative)"

2.2.E as動詞(be動詞) - "as" verb

存在(ある/いる)や状態(~である)を表すコピュラ動詞 as がある。人称語尾は付けられない。
The copula "as" indicates the subject's existance or state. No personal suffix can be attached.

Lemuu as.
「オオカミがいる」"There is a wolf. (A wolf exists.)"

Siinai lemuu as.
「オオカミは生き物」"A wolf is an animal. (As an animal, a wolf exists.)"

2.3 形容詞・分詞 - Adjectives, Participles

2.3.A 形容詞 - Adjectives

形容詞は語幹に接尾辞 -is がついた形で表され、基本的には修飾される名詞の前に置かれる。
Adjectives have suffix -is and are put before the noun it qualifies.

cheis caa
「長いしっぽ」"a long tail"

Simenis liafeein nonis nezen naafi.
「黒い猫が白い鳥を見る」"A black cat sees a white bird."

※語幹が -i で終わる場合は -us を、-ii で終わる場合は -s を、-ai で終わる場合は -nus を付加する。
In case that the root ends in -i, -ii, -ai, add -us, -s, -nus respectively.

li > lius 「多い」 "many"
lii > liis 「賢い」 "wise"
lai > lainus 「上の」 "upper"


2.3.B 分詞 - Participles

動詞の不定形に接尾辞 -s を付加することによって分詞を作ることができる。扱いは形容詞に準ずる。
By adding the suffix -s, it is able to change the infinitive into a participle. They are treated as adjectives.

maafis sen
「食べている人」 "an eating man"

niisonfis mensii
「焼いた(焼かれた)魚」 "an grilled fish"

一方、接尾辞 -nais(~のような)を付加すると、「~が~する〇〇」のように、名詞が分詞の目的語になる。
Besides, adding the suffix -nais (just like ~) makes the noun an object of the participle.

uimi chinaafinais licami
「彼の読んでいる本」 "a book he is reading"

liafeem maafinais nezii
「鳥の食べている虫」 "a bug the bird is eating"

2.4 副詞 - Adverbs

2.4.A 基本的な副詞 - Common adverbs

ほとんどの副詞は形容詞の語尾を -u に変えることで作る。多くは動詞句の前に置かれる。
Most adverbs are made by changing the adjective suffix into -u and are put before the verbal phrase.

Oini chenu cam liifie.
「あなたはそれを良く知っていた」 "You knew it well."

Tiven fau lanfi.
「風が唸る(低く鳴る)」 "The wind is howling (sounds low)."

※語幹が -u で終わる場合は、その後に -i を付加する。In case that the root ends in -u, add -i just after it.

cuis 「単一の」"single" > cui 「~のみ」"only"


2.4.B 助動詞的な副詞 - Auxiliary adverbs

fiu
「~し始める、~し出す」"begin to"
fizuui
「~し終える、~しきる」"finish doing"
neeu
「~するらしい、~するようだ」"seem to"
nidau
「~しそう、~しかける」"be about to"
liliu
「~しすぎる」"too much"

2.4.C 時制に関する副詞 - Tense adverbs

動詞の直前に助詞 cam を置くと「単純過去形」を表す。
Putting the particle "cam" just before the verb makes the simple past tense.

Cam maafiu.
「彼は食べた(食べていた)」 "He/She ate (was eating)."

Oini cam liifia mia.
「私はそれを知らなかった」 "I didn't know that."

現在、過去、未来の3点をそれぞれ基準として、「継続相」と「完了相」を表す助詞がある。
There are the particles which indicate "continuative aspect" and "perfect aspect" from the present, past and future eyepoint respectively.

継続相 - Conituative
amta / amca
「これから~し始める/これまで~してきた」 "start doing / have been doing"
umta / umca
「あの時から~していた/あの時まで~してきた」 "started doing / had been doing"
emca / emta
「その時から~していく/その時まで~していく」 "will start doing / will have been doing"

Am ledenfam amca siifia.
「私はこの町で暮らしてきた」 "I've lived in this town."

Eini umta-amca licheefiu.
「彼はあれからずっとあなたを愛している」 "He has loved you since then"

継続相の説明
完了相 - Perfect
adau / agnau
「これから~し終える/すでに~し終えた」 "will finish doing / have done"
udau / ugnau
「あのあと~し終えた/あの時すでに~し終えていた」 "finished doing / had done"
egnau / edau
「そのあと~し終えるだろう/その時までに~し終える」 "will finish doing after then / will have done"

Oini adau fiivia.
「それはこれからやります」 "I will have done it."

Fanmonni ugnau maafie nai?
「あのときもうキノコを食べてしまっていたの?」 "Had you already eaten the mashroom then?"

完了相の説明

2.4.D 場所や時間に関する副詞 - Place and Time

名詞の処格語尾が省略されて副詞になったものは、その元々の位置に置かれる。
Adverbs which derived from the abbreviation of locative nouns are put at its original position.

Uini cainii ledenfam cam naafia.
「きのう村で彼を見た」 "I saw him in the village yesterday."

2.5 疑問詞 - Interrogatives

2.5.A 基本的な疑問詞 - Common interrogatives

疑問詞は接頭辞 na- を付加することで生産的に作られる。ここに主なものを挙げる。
Interrogatives are formed productively by adding the prefix na-.

nafin
「何が」"what(N)"
nafam
「どこで」"where"
nafanni
「どこへ」"to where"
nafanma
「どこから」"from where"
nasin
「いつ」"when"
nasinma
「いつから」"from when"
nasinni
「いつまで」"till when"
nanenma
「なぜ」"why"
naninmi
「何色の」"what color"
nalius
「いくつの」"how many"
nau
「どのように」"how"

etc...


2.5.B 疑問動詞 - Interrogative verb

動詞に na- が付加されると、動詞の目的語(何を...)や補語(どのように...)を尋ねる。
When the prefix na- is added to the verb, it asks that what is the object or the complement of the verb.

Namaafie?
「何を食べているのですか?」"What are you eating?"

Asin nanaafie?
「いま何を見ているのですか?」"What do you see now?"

Nasiifie?
「調子はどうですか?(どう暮らしていますか?)」"How do you do? (How do you live?)"

Nalenfiu?
「彼の名前は何ですか?(何と呼ばれますか?)」"What is his name? (What is he called?)"


2.5.C 不定接頭辞 - Indefinite prefix

「何か」「誰か」などを意味する生産的な不定接頭辞 nia- がある。
There is the productive indefinite prefix nia- which means "some" or "any."

niafin
「何か」"something, anything"
niasen
「誰か」"someone, anyone"
niafam
「どこかで」"somewhere, anywhere"
niasin
「いつか」"sometime, anywhere"
nianu
「どうにか」"somehow, anyway"

etc...

2.6 助詞 - Particles

2.6.A 方向助詞 - Directional particles

方向助詞(後置詞)は、対格では表現しきれない情報を補足する。名詞の属格形の後で用いられる。
Put just after the genitive, the directional particles (postpositions) can express more detailed information than the accusative.

la
「~の上へ」 "onto"
va
「~の下へ」 "(go) under, below"
da
「~に、~へ、~まで」 "to, toward, till"
gna
「~の後ろへ」 "(go) behind, backward"
za
「~中へ」 "into"
sadam
「~を通って」 "through"

2.6.B 位置助詞 - Positional particles

位置助詞(後置詞)は、処格では表現しきれない情報を補足する。名詞の属格形の後で用いられる。
Put just after the genitive, the positional particles (postpositions) can express more detailed information than the locative.

lain
「~の上で」 "on, above"
fain
「~の下で」 "under"
tain
「~の前で」 "in front of"
cain
「~の後ろで」 "behind"
sain
「~の中で」 "in, inside of"
main
「~の外で」 "outside of"
samam
「~の間で」 "between, among"
sevem
「~の周りで、~について」 "around, about"
tevem
「~の横、傍で」 "by, beside"

2.6.C 関係性の助詞 - Relational particles

以下の助詞もまた、名詞の属格形の後に置かれる。
The following particles are also put just after the genitive.

cun
「~と一緒に」 "together with, along with"
lun
「~なしで」 "without"
chenma
「~のおかげで」 "thanks to"
conma
「~なしで」 "because of (something bad)"
fiima
「~によって」 "by (agent)"
fiivam
「~によって」 "with (instrument), by means of"

2.6.D 否定助詞 - Negative particles

助詞 mia は動詞の直後では「否定」、直前では「不可能」を表す。
The particle "mia" indicates "negative" just after the verb, while "impossible" just before the verb.

Maafia mia.
「私は食べない」"I don't eat."

Mia maafia.
「私は食べられない」 "I cannot eat."

※ただし mia を後置できない場合(動名詞や分詞のとき)は me という形で前置する。
In case that it is impossible to put mia after the verb, put me before the verb.

Eimi me naafien liifia.
「あなたが寝ないことを知っている」 "I know you don't see."

Eimi mia naafien liifia.
「あなたが寝られないことを知っている」"I know you cannot see."


2.6.E 終助詞 - Sentence ending particles

助詞 nai は「~か?」という yes/no 疑問文を作る。
The particle "nai" at the end of a sentence is used for "yes/no" interrogation.

Maafie nai?
「あなたは食べますか?」 "Do you eat?"

Maafie mia nai?
「あなたは食べないのですか?」 "Don't you eat?"

その他の終助詞 Other

nia
「~ね?」 "isn't it?" "you know"
niania
「~かも」 "maybe" "I think"
tu
「~よ!」「ほら!」 "indeed" "surely" "here it is"

2.6.F 命令助詞 - Imperative particles

命令・適当の助詞 raa と禁止の助詞 chiuu は、目的語の後(無い場合は文頭)に置かれる。
The imperative-deontic particle "raa" and the prohibiting particle "chiuu" will be put after an objective noun (or at the top of a sentence).

Raa tavaafia!
「行こう!」 "Let's go!"

Mensiien raa maafia.
「魚を食べよう」 "Let's (I will) eat fish."

Nedaain raa maafia nai?
「ネズミを食べるべきか?」 "Should I eat a mouse?"

Liafeein raa maafie.
「鳥を食べなさい(べきだ)」 "(You should) Eat a bird."

Neziien raa maaife nai?
「虫を食べてくれますか?」 "Will you eat a bug?"

Fansanni raa fizen maafi.
「子供は草を食べるべきだ」 "A child should eat grass."

Feveein chiuu maafie.
「カエルを食べるな(べきでない)」 "Don't eat a frog."

Niimenni chiuu fizen meefi.
「子供は油を飲むべきでない」 "A child shouldn't drink oil."

Lavanni chiuu tavaafia.
「山には行くまい」 "I won't go to the mountain."

2.7 接続詞 - Conjunctions

2.7.A 等位接続詞 - Coordinate conjunctions

等位接続詞には次のようなものがあり、同じ品詞同士を繋ぐ。
Coordinate conjunctions are;

a
「~と、そして」 "and"
ana
「~か、または」 "or"

2.7.B 従位接続詞 - Subordinate conjunctions

従位接続詞は原則として従属節の最後に置かれる。
Subordinate conjunctions are put at the end of a subordinate clause.

atai
「~ので、だから」 "so, then, therefore"
amai
「~だが、しかし」 "but, however"
anai
「~と、ということ」 "that"
ania
「~かどうか」 "whether, if... or not"
sim
「~のとき」 "when"
simsai
「~する間」 "while"
naina
「(もし)~ならば」 "if"
naimai
「(たとえ)~だとしても」 "even if"

Liafenum chenis as atai, savanni cam mavaafia.
「天気が良いので、私は家を出た」 "The weather is good, so I went out home."

Liafenum chenis as naina, savanni mavaafia.
「もし天気が良いなら、私は家を出る」 "If the weather is good, I go out home."

Liafenum chenis as naimai, savanni mavaafia mia.
「たとえ天気が良くても、私は家を出ない」 "Even if the weather is good, I won't go out home."

Aini licheefiu anai, cam laafia.
「彼が私を愛していると、私は聞いた」 "I heard that he loved(loves) me."

2.8 数詞 - Numerals

2.8.A 基数詞 - Cardinal numbers

リアニース・ミンの数体系は「7進法」を基本としている。また、100以上の数は借用語である。
The numeral system of Lianiis Min adopts the septenery (base-7) system basically. Numbers more than 100 are loanwords.

2.8.A 基数詞 - Cardinal Numbers
1cu尾 tail8signu7+1
2lu耳 ears9silu7+2
3lignu2+110silignu7+2+1
4fu手足 legs11sivu7+4
5fignu4+112sifignu7+4+1
6filu4+213sivilu7+4+2
7su身体 body14lusu2*7
15lusu a cu14+156signusu8*7
16lusu a lu14+263silusu9*7
21lignusu3*770silignusu10*7
22lignusu a cu21+177sivusu11*7
28fusu4*784sifignusu12*7
35fignusu5*791sivilusu13*7
42filusu6*798lususu14*7
49susu7*799lususu a cu15*7+1
100cu-facu0mu
700su-facu7*1001/2lufam cu1 of 2
1000cu-chien1/3lignufam cu1 of 3
7000su-chien7*10000.5nene fignupoint 5
10000cu-man1.02cu nene mu lu1 point zero 5

2.8.A 序数詞 - Ordinal numbers

序数詞は -as という語尾を付加する。
Add the suffix -as to make ordinal numbers.

cu 「ひとつの」"one" > cuas 「第1の」"first"

3. 文法 (統語) - Syntax

3.1 基本語順 - Basic word order

3.1.A 一般動詞文 - General verbal sentence

一般動詞を用いた文の語順は次のようになる。基本的にはOSV語順である。
The word order of the gerenal verbal sentence is OSV.

I-A 動詞のみ(V)

Sizaafia.
「私は寝る」 "I sleep."

Nasiifie?
「調子はどうですか(どう生きていますか)?」 "How are you?"

Cam sonfiu.
「彼は死んだ」"He died."

Liensennai cam fivaafie nai?
「あなたは先生になったの?」 "Did you become a teacher?"

I-B 主語+動詞(SV)

Lemuu sizaafi.
「犬が寝る」 "A dog sleeps."

Chensen'ai cam fevaafi nai?
「私の友人は来たの?」 "Did my friend come?"

Am savan asin in'enfianvi.
「この家はいま建てられている」 "This house is being built."

II-A 目的語+動詞(OV)

Liafeein naafia.
「私は鳥を見る」 "I see a bird."

Nedaain cam maafiu nai?
「彼はネズミを食べたの?」 "Did he eat a mouse?"

II-B 目的語+主語+動詞(OSV)

Liafeein sizaane naafi.
「猫が鳥を見る」 "A cat see a bird."

Nedaain lianiilia cam maafi?
「フクロウはネズミを食べたの?」 "Did an owl eat a mouse?"


3.1.B as(be動詞)文 - "as" sentence

「主格の名詞+ as 」で「Aがある」や「それはAだ」という意味になる。
A nominative noun and the verb "as" make the sentence like "There is N" or "It's N"

Levon as.
「木がある/それは木だ」 "There is a tree. / It is a tree"

Niifanum feele as.
「野原に馬がいる」 "There is a horse in the fields"

ただし「それはAである」という意味を明確にしたい場合(Aを補語として考える場合)は、様格を用いる。
When you need to emphasize that the noun is a complement of the sentence, the essive case is used.

Liafeenai as.
「それは鳥だ」 "It is a bird"

Liafee as.
「鳥がいる」 "There is a bird"

同様に「AはBである」という場合、主語Aには主格、補語Bには様格を用いる。
In the same way, when you want to say "A is B", use the nominative for A and the essive for B.

Siinai lemuu as.
「狼は生き物だ」(生き物として狼がいる) "A wolf is an animal." (As an animal, a wolf exists.)

「形容詞+as」で「私は[形]だ」や「それは[形]だ」という意味になる。
An adjective and the verb "as" makes the sentence like "I am Adj." or "It is Adj."

Sonis as.
「(私は/ここは)寒い」 "I'm / It's cold"

Liu chenis as!
「とても良いですね!」 "That's very good!"

※ただし、動詞 as には人称語尾が付けられないため、「A は B である」という場合には A を「処格」で置く。
Because the verb "as" cannot be followed by the personal pronouns, you have to use the locative case to make "A is B" sentence.

Feelefam leis as.
「馬は大きい」 "A horse is big"

Aifam sonis cam as.
「私は寒かった」 "I felt cold"

3.2 重要構文 - Sentence structure

3.2.A 比較 - Comperative

例 example
「狼は猫よりも大きい」 "A wolf is bigger than a cat."

Sizaanemi la leu lemuu as.
猫の上に大きく狼がいる」 "A wolf bigly exists onto a cat."

(副詞パターン Using adverb)

Lemuufam sizaanemi la leis as.
狼においては、猫の上に大きい」 "As for a wolf, it's big onto a cat"

(主体の処格パターン Using the locative as a subject)


3.2.B ひとつも~ない、一度も~ない - Not any / Never

Cu nevuu as mia.
「ペンが一本もない」 "There is no pen. / There aren't any pen"

Cu nevuu cui as mia.
「ペンが一本だけない」 "There isn't only one pen."


3.2.C 関係分詞 - Relative participles

Liafeenai sizaane taveefi.
「猫が鳥のように走る」 "The cat runs like a bird."

Liafeenais sizaane taveefi.
「鳥のような猫が走る」 "The cat like a bird runs."

4. その他の情報 - Other information

4.1 形態素 - Morphemes

リアニース・ミンの語彙は、身体部位を表す子音と特定の母音を持つ形態素の組み合わせによって出来ている。
The vocabulary of Lianiis Min is created by combining morphemes which contain a consonant representing a body part and a certain vowel.

4.1.A 能動形態素 - Active morphemes
LNTMFSC
aa耳 ears
聴く hear
目 eyes
見る see
鼻 nose
嗅ぐ sniff
口 mouth
食べる eat
身体 body
立つ stand
腹 belly
休む rest
尾 tail
感じる feel
ee頭 head
判る realize
心 heart
思う think
頬 cheek
所有する own
舌 tongue
飲む drink
脚 legs
跳ぶ jump
親 parent
産む bear
好む like
ii脳 brain
知る know
光 light
光る shine
顔 face
信じる believe
声 voice
話す speak
手 hands
触る touch
命 life
生きる live
望む want
uu雄 male
交尾 copulate
瞼 eyelid
瞑る ignore
ヒゲ whiskers
警戒 warn
牙 fangs
噛む bite
爪 claws
引掻く scratch
病 disease
殺す kill
嫌う hate
4.1.B 受動形態素 - Passive morphemes
LNTMFSC
an音 sound形 shape匂い smell食物 food地面 ground毛 fur感情 emotion
en名前 name考え idea縄張り territory水 water空気 air人 person善 good
in知識 wisdom色 color首 neck言葉 word物 object時 time夢 dream
on雌 female暗闇 darkness危険 danger肉 meat骨 bone死 death悪 evil
4.3.C 使役形態素 - Causative morphemes(暫定)
LNTMFSC
ian呼ぶ call
運 luck
示す show
印 sign
嗅がせる養う feed
育成
支える support
支持
留める stop感じさせる
ien教える teach
教育 education
騙す deceive渡す give注ぐ pour飛ばす throw播種する seed
種 seed
惹く attract
魅力
iun知らせる inform
報せ news
反射する reflect
反射
信じさせる
証拠 clue
話させる許す allow
理由 reason
生かす
魂 spirit
望ませる
ion誘惑する tempt
誘惑 temptation
隠す hide心配させる噛ませる煽る incite殺させる
毒 poison
迷惑である
4.4.D 接辞 - Affixes
LNTMFSC
a上 up*1前 front外 out下 down中 in後 back
e大 large小 small鋭 sharp否 un-短 short丸 round長 long
i多 much少 little速 fast*2新 new柔 soft古 old

※1 na は疑問詞として用いられる。 The affix na is used as the interrogative marker.
※2 mi は属格語尾として用いられる。 The affix mi is used as the genitive marker.

4.2 カナ表記 - Kana transcription

短音節(子音+短母音)の表記法
la / le / li / lu / loラ / レ / リ / ル / ロ
na / ne / ni / nu / noナ / ネ / ニ / ヌ / ノ
ta / te / ti / tu / toタ / テ / ティ / トゥ / ト
da / de / di / du / doダ / デ / ディ / ドゥ / ド
ma / me / mi / mu / moマ / メ / ミ / ム / モ
fa / fe / fi / fu / foファ / フェ / フィ / フ / フォ
va / ve / vi / vu / voヷ / ヹ / ヸ / ヴ / ヺ (ヴァ / ヴェ / ヴィ / ヴ / ヴォ)
sa / se / si / su / soサ / セ / スィ / ス / ソ
za / ze / zi / zu / zoザ / ゼ / ズィ / ズ / ゾ
ca / che / chi / cu / coキャ / シェ / / キュ /
gna / gnu / gnoニャ / ニュ / ニョ
a / e / i / u / oア / エ / イ / ウ / オ
ra / re / ri / ru / roラ゙ / レ゙ / リ゙ / ル゙ / ロ゙ (ラ / レ / リ / ル / ロ)

4.3 方言 - Dialects

リアニース・ミンにはいくつかの主要な「地域・人種的方言」が知られている。
Some major regio-racial dialects are known.


低地方言(ネコビト訛り) The low dialect (Feline accent)

この方言は東部の沿岸地域に暮らすさまざまな獣人たちによって話されており、リアニース・ミンの標準形と考えられている。「ネコビト訛り」という通称は、この言語の最初の話者であるネコビト(猫人)たちに由来する。
This dialect is spoken by many kinds of human beasts in plain littoral regions of the east and considered as the standard form of Lianiis Min. Its vernacular name "Feline accent" comes from its original speakers - cat people.


高地方言(イヌビト訛り) The high dialect (Canine accent)

知られている方言のうちのひとつで、主に山岳地域のイヌビト(狼人)たちによって話されている。母音を伸ばさず -ch や二重子音(ッ)によって短く切って発音する点に大きな特徴がある。
This is one of the known dialects of Lianiis Min mainly spoken by wolf people in mountainous regions of Japan. It is characterized by its "shortening" of long vowels with -ch ending or doubling of consonants.


西部方言(キツネビト訛り) The western dialect (Vulpine accent)

西部地域の方言。有声子音(濁音)が無いほか、さまざまな点で古い要素を多く有している。これは単なる方言ではなく、祖語にあたる Mnen から初期に分化した別の言語であると主張する学者もいる。
This is the western dialect of Lianiis Min. It has no consonant voicing and keeps a lot of ancient elements in many ways. Some scholars, therefore, argue that this is not just a variant but another language branched from the proto-language mnen early.


音韻対応と表記の例
Examples of transcription and phonetic correspondence

Low (Feline)High (Canine)Western (Vulpine)
lianiis min
| [li̯a'nʲiːsʲ mĩ]
リアニース ミン
leunitz min
| ['lɛʊ̯nɪtː͡s mɪn]
レウニッツ ミン
laaniul min
| [laː'niʊ̯l mĩ]
ラーニウル ミン
Raa chenu sizaafie.
| [ʀɑː 'ɕɛny si'zɑːɸi̯e]
ラー シェヌ スィザーフィエ
Keun kenë saffer.
| [kɛʊ̯n 'kɛnə 'safːɛɹ]
ケウン ケナ サッフェア
Qiun qeni xaw'ee
| [qʷi̯ʊ̃ qʷẽnʲ 'çaʊ̯ʔeː]
クィウン クェニ シャウエー
Low (Feline)High (Canine)Western (Vulpine)
- Chenis lianii. Nasiifie?
- Chenu. Afam nafiivie?
- Aini liensen'ai lianfi.
- Maniis minni lienfis luusen as nai?
- Mia. Siilelinmi liensennai as nia.
- Uin... liifia mia.
- Raa aimi cunai tavaafia!
- Keniz leunich. Naziffer?
- Kenë. Avanmë naviffer?
- Aunë lernzen'au larnfë.
- Manitz minnë lernfëz lussen az nau?
- Meu. Sillelinmë lernzennau az neu.
- Oun... liffar meu.
- Keun aumë kënau tavaffar!
- Qenil laaniw. Naxiw'ee?
- Qeni. Aphanmi naphiu'ee?
- Aa'in leenxen'aaw laan.
- Maniwl min'in leen'il lowxen al no?
- Maa. Xiwlelinmi leenxenmi no al naa.
- Uun... liw'aa maa.
- Qiun aami qelno tsaphau'aa!
['ɕɛ̃nisʲ li̯a'nʲiː 'nasʲiːɸi̯e]
['ɕɛ̃ny̥ a'ɸãm 'naɸʲiːβi̯e]
['kɛnɪz 'lɛʊ̯nɪx 'nazɪfːɛɹ]
['kɛnə 'avanmə 'navɪfːɛɹ]
['qʷɛ̃nil 'laːniʊ̯ 'naçiʊ̯ʔeː]
['qʷẽnʲ 'aʍãmi 'naʍiʊ̯ʔeː]
シェニス リアニー ナスィーフィエ
シェヌ アファム ナフィーヴィエ
ケニズ レウニッヒ ナズィッフェア
ケナ アヴァンマ ナヴィッフェア
クェニル ラーニウ ナシウ エー
クェニ アファミ ナフィウ エー

4.4 歴史的変化 - Historical changes

リアニース・ミンは Mnen(ミュン)と呼ばれる古語から発展した。これは猫の言葉である。以下に音韻変化の規則を示す。
Lianiis Min has developed from its classical form Mnen; the cat's tongue. Its phonological change is shown below.

古語との音韻対応 - Phonological correspondence
子音 Consonants母音 Vowels
MnenLianiis MinMnenLianiis Min
l [ʎ] リャl [l] ラa [ɑ] アa [a] ア
n [n] ナn [n] ナæ [æ] エe [ɛ] エ
hn [ɴ̥ɴ] ッナt [tʰ] タ / d [d] ダe [ə̃] ウi [i] イ / u [y] ユ
mn [m͡ɲ] ミャm [m] マaw [ɑʋ] アウaa [ɑː] アー
w [ʋ] ワf [ɸ] ファ / v [β] ヴァæw [æʋ] エウee [œː] エー
x [x] ハs [s] サ / z [z] ザew [ə̃ʋ] ウウii [iː] イー
gn [ɲ] ニャc [k] キャ / gn [ɲ] ニャow [ʌʋ] オウuu [uː] ウー
-al [aɬ] アシュ-as [as] アスaa [ɑː] アーia [ja] ィア / ai [aj] アイ
-el [ə̃ɬ] ウシュ-is [is] イスæe [æː] エーie [je] ィエ / ei [ɛj] エイ
ghr [ʀ̩ː] ルルルraa [ʀaː] ラー (ガー)ee [ə̃ː] ウーiu [jɯ] ィウ / ui [ɯj] ウイ
chh [ç̩ː] フシーchiuu [çɯ̥ː] シューõ [ʌ̃ː] オーンio [jo] ィオ / oi [oj] オイ

動詞と名詞の区別はなく、語は基本形と修飾形(Q)のみを持っていた。他動詞や目的語という概念も無いため、受動文と能動文を併せて用いた。
There was no distinction between verb and noun. A word had only two forms; unmarked and qualificative. Because neither transitive verbs nor objectives existed, they used both a passive sentence and an active sentence at the same time.

「今夜、村の猫が西の山へ行く」 "The cats of the village will go to the western mountain tonight."

[Lianiis] Saniis lavanni anon ledenmi nezen tavaafi.
[Mnen] Xanew-mne lawan-mne wen, anon-mne læhnæn-mne næxæn-mne hnawaw.

西の[Q]/山の[Q]/されること/今夜の[Q]/村の[Q]/猫の[Q]/行くこと

West's [Q] / mountain's [Q] / being done / tonight's [Q] / village's [Q] / cat's [Q] / going.